本文へ移動

理事長鶴岡 近況報告

ニュース見て 世界の動き 知る中で
昭和の時代 想いあふるる

          むらさき(2022年5月)
RSS(別ウィンドウで開きます) 

「昭和の時代」   理事長 鶴岡和代

2022-05-01
みなさんお元気ですか。
コロナも落ち着いてきてはいるけれど、
感染が早いコロナもあるようで第7波が来るのではないかと言われています。
桜も咲いてお花見に行きたい人も多いと思います。
でもまだまだコロナに感染する人は減っていないので、
私はテレビで観る花見でいいやと思ってしまいます。

さて、ウクライナとロシアの紛争が色々な形で日本にも影響が出てきているようです。
私は子供の頃小平にある緑成会整育園という
身体障がいのリハビリと生活指導を受ける施設に入っていました。
昭和30年に入園したとき、
クリスマスには立川基地の若い軍人さんがプレゼントを持って慰問に来ました。
最初にもらったのは輪投げのプレゼントでした。
その後も何かにつけて慰問に来て、
アメリカのアイスクリームや缶詰に入っているチーズ等が配られて、
日本とは全く違う味のものを味わいました。
美味しいと思ったときもあるし、
なんだか石鹸みたいで美味しくないなと思ったときもありました。

日本は太平洋戦争が昭和20年に終焉しているけれど、
立川基地には若い軍人さんが残っていてよく訪れていました。
10歳くらいの時に、17、18歳のお姉さんたちの部屋に移されて、
毎晩のようにそのお姉さんたちが当時流行っていたロカビリーのレコードを持ってきて
小さなレコードプレイヤーで聴きながら楽しんでいました。
山下敬二郎とか平尾昌晃、ミッキー・カーチスなどが歌っている歌が
部屋に流れていました。
私はなんだかよくわからないけれど立川基地があることは知っていて、
今は昭和記念公園になっているあたりです。

ウクライナとロシアの紛争によっては、こうした動きも出てくるのかな
と思っています。
みなさんには伝わらないかもしれませんが、
私は幼い頃施設に入っていて
若いアメリカの軍人さんやアメリカの人と話した覚えがあります。
日本も紛争に巻き込まれないようにと願うばかりです。


「体験ひかる」   理事長 鶴岡和代

2022-04-01
みなさんお元気でしょうか。
コロナの感染拡大も落ち着いたり増えたりしながら
第6波が来るというようなニュースもあります。
たいとうでも現実にコロナになった人とか濃厚接触者になった人とか
増えたり減ったりしています。

さて、今日は3月11日。
11年前に大震災があった日です。
みなさんも驚いたと思いますが、
東北に住んでいる人や実家が東北にある人は忘れられない1日となったと思います。
私は震災をテレビで観る以外に傍に行ったわけではないので、
津波の後の街並みの悲しみは映像で観ることでしかわかりません。
今日もいろんな番組で震災の様子をやっています。
東北の障害当事者の人たちは今どうしているんだろうかと想像していますが、
11年経っても復興はまだまだのようです。

3月10日は東京大空襲が昭和19年にあった日です。
昨日もテレビのニュースで空襲の様子などを報道していました。
私はまだ生まれていないときだったのでほとんど実感がありませんでしたが、
浅草の焼け跡が大変な様子を映し出していました。

3月はお花見の季節です。
桜の開花もここ1週間報道されています。
私は10代の頃親と弟と一緒に皇居のお堀の桜並木を見に行ったことがあります。
桜並木のトンネルで風が吹くと花びらが舞ってとてもきれいでした。
みなさんもお花見に行きたいと思いますが、
まん延防止等重点措置が3月21日まで発令されているのであまり外には出られないですよね。
桜が咲いているなと思いながら桜餅や道明寺を食べたりするのもいいと思います。
一人ひとり楽しみが違うのでこの3月楽しんで過ごしてもらえるよう祈っています。

ロシアとウクライナの紛争もある中で自分の楽しみを見つけて
感染症にかからないように過ごしてもらえたらと思っています。


「想い出あふれ」   理事長 鶴岡和代

2022-03-01
節分も過ぎて暦の上では立春です。
まだこれからも寒い日が多いと思います。
オミクロン株のコロナは毎日毎日感染者が多くなって、
また緊急事態宣言が発出されそうな勢いです。
たいとうのみなさんの中にも感染者や濃厚接触者が出たため、
防護服を着たりして介助にあたっています。
大変だなと思うのと同時に宇宙人みたいで笑っちゃいそうになります。

さて、話は変わりますが、私は12月12日にひさしぶりに友だちに会いました。
40年近くの友だちですが、私が呼吸器をつけたりして会えなかった時期があります。
彼女は私に会うなり「久しぶりだね。元気そうでよかったよ。」と言ってくれました。

実は私の中では呼吸器をつけてから友だちに会うのは初めてでした。
呼吸器を付けてから4年経つけど呼吸器をつけている自分はなかなか受け入れられなくて、
人に会うのは結構気にしている気持ちがあります。
でも、その友だちと会って
自分の気にしていることなんて針の穴のようなんだと気づきました。
友だちとは長い話はできなかったけど、
色々なことを思い出しとっても嬉しい気分になりました。

また会おうねと言って別れたけど、コロナの感染状況で外に出ることが難しい今、
また遠のいちゃうなと思って毎日を過ごしています。
みなさんはそんな経験はありますか。


「豊かに膨らます」   理事長 鶴岡和代

2022-02-01
2022年が明けて早半月が経ちます。
皆さんお元気でしょうか。
コロナの感染も落ち着いて良かったなと思ったら、
オミクロン感染が増えてまた緊急事態宣言になりそうな様子です。
今年こそは出掛けられるかと思ったのですが、
また緊急事態宣言で思うように外に行けなくなりそうな感じです。

私は今年の7月で72歳になります。
寅年生まれで周りからは強い人だと言われるけど、弱い面もたくさんあります。
特にこの4年、体力が落ちたのと呼吸器を付けるようになったので、
余計に強い鶴さんではなくなったように思います。

自分が72歳になるなんて信じ難い想いです。
芸能人や有名人が60代、70代を迎えた姿は若いけど、もうそんな年なんだと考えると、
自分も同じだろうなと思っています。
鏡を見ない生活なので自分の姿がどのようなのか想像でしかないけれど、
年は年なんだろうなと思っています。
この72年間、色々なことがあって、色々な体験をし、
色々なところに遊びに行ったりしたこともあって、
それを思い出すとすごい豊かな体験だったなと思います。
自分の生きてきた年月を思い返すと、いろんな人に恵まれて、
いろんな人からいろんなことを教わって今があるんだなと思う毎日です。

歌い手の橋幸夫さんが『徹子の部屋』に出ていて、来年で80歳になると言っていました。
声も出にくくなったので、歌い手は引退して大学に通って書道の勉強をするそうです。
そんな話を聞きながら、私はあとこれからどのように暮らしていこうかなと思っています。
今回は自分のことになってしまいましたが、皆さんもそういうことを考えたことはありますか。

これからも多くの人に支えられて、いろんなことを学ばせてもらい、体験しながら、
日々の暮らしを豊かにしていくんだろうなと思いつつ、元気でいたいと思っています。


「陽のあたたかさを」   理事長 鶴岡和代

2022-01-01
2022年穏やかに迎えられていかがお過ごしでしょうか。
昨年は、天災も多く様々な事に皆さんそれぞれ色々な想いを持ったと思います。
当法人として皆さんに十分な手助けができたか想い巡らすことがありますが、
昨年同様、本年もどうぞ宜しくお願い致します。
スタッフ一同一丸となって皆さんのお手伝いが出来たらと思っています。
 
さて、今年は、日々穏やかに過ごせたらと思っています。
私達が暮らす中で、楽しみにしているお出かけも、十分に味わえたらと思います。
感染症も落ち着いて出かけたいところに行ける事が一番うれしいですよね。
気持ちだけでも穏やかにそして楽しく、元気で過ごせる一年にしたいと思います。
 
皆さんそれぞれ目標をもって元気で過ごせる一年を願い、想っています。


0
1
4
6
1
6
特定非営利活動法人
トータルサポートたいとう
〒110-0012
東京都台東区竜泉3-19-7
TEL.03-5824-2480
FAX.03-5824-2485
TOPへ戻る